自分探しの自然観察 私たちはなぜ生きている?

横浜 康継(南三陸町自然環境活用センター):著
四六判/210頁/定価 本体1,800円(税別)/ISBN978-4-915342-59-2


“奇跡の町”南三陸町からのメッセージ

「自分は何のために生きているのだろう」と誰でも一度は思います。そして時には生きてゆく気力がなくなることさえあります。ひじょうに悲しいことや辛いことに出合ったときなど,とくにそんな思いにかられます。けれどもほとんどの人は何とかそれに耐えながら生きています。……………「自分」という存在は私たちにとって最大の謎です。この謎を解くには,まず私たちが属するヒトという生物を理解しなければなりません。そのためにも生物学の勉強は必要なのですが,高校の理科の授業の中で「生物」はもっとも退屈なものと思われがちでした。しかし私たちも生物であるということを忘れてはなりません。
「はじめに」より抜粋
半世紀にわたり生物学を学び・研究し続けてきた生物学者がいたった境地とは。


【目次】
南三陸町のみなさんへ
出版にあたって
はじめに
第1章 生きているとは
 臨海実験所という名のオアシス/南三陸の海辺のチビッコ研究所/泥田の上で悟る/夢のサロン誕生
第2章 自分を知る
 電子顕微鏡で見る超ミクロの芸術/海藻との対話/多彩な海藻たちが語る地球環境の歴史/海藻おしばで学ぶ/ウニ卵の受精に自分をみる/ヒトより進んだ植物の子づくり/性とは
第3章 生物だから生きている
 愛という名の鉄格子/鉄腕アトムを生む権利/「生かされている」から「生きる」へ/ユズリハのように
第4章 余生を生きる
 余生とは/童心に還る/光はごはん/晴耕雨読/帰りなんいざ/平家物語は語る
第5章 いのちについて
 いのちの大切さ/いのちの大切さを学ぶ/なぜ死を恐れるのか/最大寿命120歳の壁/ヒトという悲の器/諦め/コンブはなぜ海の中でダシが出ないのか/余生の生きがい
追記1 若者へのメッセージー生きているとはー
追記2 思春期にある子との親子関係
おわりに


ご注文はこちらをご覧ください

単行本一覧へ戻る