アワビは増やせるか −増殖の歴史−

野中 忠:著
A5判/132頁/定価 本体1,600円(税別)/ISBN978-4-915342-61-5


太古の昔から重要な水産物として利用されてきたアワビ。身は食用となり貝殻は装飾品にも利用され,私たちの生活の中にも深く関わっています。しかし,そのアワビの漁獲量は最近激減しています。なぜアワビがとれなくなってきたのか?
貝塚の昔から現代までに行われたアワビ増殖の歴史を紐解き,アワビ漁業の変遷や増殖への取組みから,アワビがとれなくなったその原因を探ります。
かつて日本一のアワビ漁獲高のあった小値賀町(長崎県)で保管されている,貴重な資料も掲載しました。


【目次】
はじめに
第 I 章 アワビ漁業の歴史:漁業とは/日本のアワビ〈縄文時代・古代・中世・近世・明治時代・大正時代から昭和前半・昭和後半・全国のアワビ漁獲量の変遷〉
第 II 章 アワビ増殖の基礎事項:種類と分布〈対象種(1)種類(2)分布・過去の認識〉/産卵期/初期発生/成長/長さ・重さ/最大形/餌料/付着力/住み場〈水 深別分布・住み場の選択性・分布型〉/増殖の障害〈人為的事項(1)漁獲(2)漁場喪失(3)水質汚染(4)漁業者の意識・自然的事項(1)海況(2)磯 焼け(3)害敵生物・食害〉
第 III 章 増殖の展開:増殖手法/増殖手法の展開〈移殖・漁獲制限(1)漁法制限(2)漁場制限(3)漁獲物制限(4)努力量制限・栽培漁業・漁場造成・漁業者の実践〉
第 IV 章 アワビ増殖の諸問題:減産のすがた/減産の原因/栽培漁業の問題〈回収率・混獲率・種の選択・栽培漁業の効果〉/密漁問題〈密漁の概要・密漁防止活動と経 費・大きな被害と軽い懲罰・被害量の検討・密漁の問題点〉/漁獲制限の弛緩/アワビを増やせるか〈漁業の考え方・海外の状況・漁獲制限・密漁対策・漁獲回 復への道〉
附 小値賀のアワビ漁:江戸後期までのアワビ漁獲量〈起源・乾鮑の出荷量〉/幕末から明治中期までのアワビ漁獲量/明治後半以後のアワビ漁獲量/小値賀のアワビ漁獲量の長期変遷
おわりに
付表
参照文献


ご注文はこちらをご覧ください