生態学入門 生態系を理解する

原口 昭:編著 橋床 泰之・上田 直子・河野 知謙:著
A5判/144頁/定価 本体1,800円(税別)/ISBN4-915342-58-5


本書は生物学を専門としない理工系の学生や,文科系学生のための生態学のテキストです。
生態学のもっとも基礎的なもののなかから,生態学を初めて学ぶうえで必要な内容を精選し,また近年の環境問題にかかわる内容を含めた,生態学のエッセンスが凝集された一冊です。そしてまた実用的分野での活用を意識し,土壌や農林生態系など,近年とくに注目されている分野の記述を加えました。
環境分野で活躍する人々の基礎知識の充足のために,そして生態学の一般啓蒙書として,広くご活用下さい。


【主要目次】
第 1 章 生態系の科学
生態系の成り立ち/生態系の単位/生態学は何に貢献するのか/生態系の構成要素
第 2 章 個体群と種内関係
個体群/個体群の成長/種内関係と密度効果/最終収量一定の法則/自己間引きと 2 分の 3 乗則
第 3 章 生物群集と種間関係 (原口 昭・河野智謙)
資源と生態的地位/種間競争/捕食と被捕食の関係/寄生
第 4 章 共生系による生態系の安定化 (橋床泰之)
古典的共生と最新の共生概念(a.古典的「共生」/b.相利共生と片利共生/c.土地と植生との「共生」)/生態系における共生系(a.窒素供給に関するもの/b.リン酸供給に関するもの)/共生が生態系の安定化にはたす役割
第 5 章 生態系とエネルギー
一次生産量/光合成と植物の環境適応/一次生産速度を決める環境要因/生態系でのエネルギーの移動/生態ピラミッド
第 6 章 生態系での物質循環
物質循環の概念/物質収支/生態系への物質の流入プロセス/生態系からの物質の流出プロセス/水の循環/炭素の循環/窒素の循環/イオウとリンの循環
第 7 章 生態系の種類と分布
生態分布/地球上の生態分布/日本の生態分布
第 8 章 生態系の変化
生態遷移/生態系の維持機構/土壌の生成
第 9 章 生物多様性と生態系の保全
種内の多様性/生物群集の多様性/生物多様性の評価/種数−面積曲線の応用/絶滅危惧生物
第 10 章 森林生態系
森林の構造/森林による有機物の生産と蓄積の機能/森林の環境調節作用/森林の生物多様性と遺伝資源保全の機能/森林生態系の物質循環/熱帯林生態系
第 11 章 陸水生態系
湖沼の光環境/湖沼の温度環境/栄養塩回帰の季節性/湖沼の富栄養化
第 12 章 海洋生態系 (上田直子)
潮間帯の生態系/干潟の生態系/内湾域の生態系
第 13 章 湿地生態系
湿地の分類/湿地の土壌環境/泥炭地の成立/湿生生物の特徴/泥炭と地球環境
第 14 章 農林生態系
農林生態系の物質循環/富栄養化/温室効果ガスの発生/その他の環境問題
参考文献
索引


ご注文はこちらをご覧ください

単行本一覧へ戻る