河川事業は海をどう変えたか

宇野木 早苗:著
A5判/120ページ/定価 本体1,600円(税別)/ISBN4-915342-45-X


<推薦のことば>西條八束(名古屋大学名誉教授)
河川の研究は,治水,水資源,発電用水などの立場から活発に行われてきた。しかし,それらの研究では,河川が流入している海への影響はほとんど考慮されなかった。河川上流の魚付き林の漁業への重要性は,研究者・漁民によって認識されるようになったが,ダムや堰が造られた場合に海にどんな影響を与えるか,特に沿岸域における流れや水の交換,侵食・堆積作用などへの影響は重大と思われるのに,研究はほとんどなかった。
宇野木早苗氏は大著「沿岸の海洋物理学」を刊行された沿岸海洋物理学の第一人者であるが,近年,海岸線の後退,赤潮の発生や貧酸素化の増大,それに伴う水産資源の著しい減少など,沿岸域の環境の急速な悪化に注目し,ダム・堰などが沿岸域に与える影響の研究を精力的に続けられている。それらの影響を漁民は経験的には気付いていたが,そのメカニズムは解析されていなかった。この問題に関し,宇野木氏が近年多数の論文や報告書として発表された成果を,きわめて理解しやすく,まとめて下さったのがこの本である。河川や沿岸域の調査研究に関わる方には必読のものであり,また,その環境問題に関心のある方も是非お読み頂きたい。この方面の基礎的知識がなくても十分理解できるであろう。
【主要目次】
まえがき
1章 海の環境を悪化させた河川事業(川と人のかかわり/不知火海の場合−漁師たちの証言/有明海の場合/アスワンハイダムの場合)
2章 海への影響を考えなかった河川行政(海への影響の把握が困難な理由/これまでの河川行政と海/高潮と洪水流の衝突を考慮しない設計方法/川と海は水系一体/河川事業の評価,その利益と損失)
3章 川が養う海岸と海の流れ(海岸を養う河川/河川水が生み出す海の強い流れ/河川と沿岸の流れの形態/中国大陸から流出した河川水のゆくえ)
4章 川が養う海水と生命(河川の影響が大きい海の構造/川と海が接触する海域における生態系の特徴/川からの流入物質と沿岸環境/川と海を回遊する魚)
5章 最も汚濁した三河湾と豊川からの取水の関係(三河湾の環境はなぜかくも悪化したか/豊川用水の功罪/瀕死の三河湾を鞭打つ設楽ダムと大島ダム/ダムが海域に与える影響についての河川当局の対応)
6章 河口堰が川と海に与える影響(川と海の連絡を断ち切る河口堰/地道なデータの積み重ねがあってこそ/河口堰の上流も下流も底層の酸素は確実に減少した/河口堰は川を湖に変えて環境を悪くした/とくに激しい河口堰下流の汚濁の進行/河口堰が海に与える影響は理解不足)
7章 諫早湾の長大河口堰は有明海をどう変えたか(潮受堤防は長大河口堰である/弱くなった有明海の潮汐/潮流の減少と密度成層の強化/長大河口堰は巨大な汚濁負荷生産システム/長大河口堰前面の底層における汚濁の進行/諫早湾干拓事業の影響に関する農水省の対応)
8章 川からの砂の供給が激減した海岸の惨状(海岸侵食はなぜ起きるか/名勝羽衣の松が危ない/海岸の侵食を止めるには/河川から流出する砂の量/海岸侵食は森林破壊によっても起きている)
9章 漁場を壊滅させた黒部川出し平ダムの排砂(汚濁源となるダム湖/出し平ダムからの汚濁土砂の排出/沿岸漁業は壊滅的打撃を受けた/それでも次々に排砂が実施される不思議さ/影響は無視できるとした結論は正しいか)
10 章 球磨川のダム建設後の八代海(ダムの堆砂による流出砂の激減/ダム湖起源の膨大な汚濁負荷/衰退する漁業と球磨川の水のゆくえ/漁獲の減少が激しい海域は負荷が最も少ない/ダムに砂がたまるほど漁獲量は減少している/ついに廃止に追い込まれた荒瀬ダム)
11 章 川辺川ダムは八代海にどう影響するか(信頼しがたい海への影響予測/ダム湖の水質予測も再現不良/想像を絶するダム湖の堆砂量/ダムが八代海に与える影響は重大)
むすび
もっと詳しく知るために
索引


ご注文はこちらをご覧ください

単行本一覧へ戻る