干潟の生態系モデル

J. バレッタ & P. ルアルディ:編 中田 喜三郎:訳
B5判/374頁/価格8641円(税別)/ISBN4-915340-13-1


本書では実際に生態系モデル(SESAME)を使い,コンピュータ・シミュレーションにより排水が干潟(エスチャリー)へ与える影響を解析し,干潟の生態系の構造と機能の把握を解説した。モデルを使い検証していくということは,干潟の浄化機能が沿岸域の生態系へ及ぼす作用が水産へ与える影響を考えるうえで“非常に有効な方法”であると提起している。


【主要目次】
第1部 エムス生態系の概要
第1章 モデル開発の背景とモデル計算のためのハード・ソフトの概要
第2章 非生物環境と生物環境の記述
第3章 非生物環境と生物環境の記述
第4章 モデル化の一般的な考え方,モデルエスチャリーの境界条件,有 機物の分配の方法
第2部 モデルの設計,定式化へ
第5章 生態系モデル −物理的な輸送機構−
第6章 浮遊生態系モデル −バクテリアや微小動物プランクトンの過程−
第7章 堆積物中の生態系モデル −好気層と嫌気層の中の生態系構成要素の変化を求める方法−
第8章 表在性の生物のモデル −干潟を利用する生物の動態をモデル化−
第3部 結果と解析による検討
第 9 章 モデルの検証の方法
第10章 浮遊系モデルについて
第11章 底生系モデルについて
第12章 表在性モデルについて
第13章 輸送モデルについて
第14章 EMSモデルを別のエスチャリーに適用した結果
付録 EMSモデルの各サブモデル部のプログラムリスト


ご注文はこちらをご覧ください

単行本一覧へ戻る